Home

第 56回 燃焼 シンポジウム 講演 論文 集

第56回燃焼シンポジウム - 講演論文集原稿書

  1. 第56回燃焼シンポジウム 講演論文集原稿書式 論文集原稿は、下記および書式例をご覧の上作成願います. 内容 シンポジウム参加者が研究の内容を十分に理解でき討論できる内容の原稿をお願いします. また,主要な研究成果は 必ず.
  2. 第56回燃焼シンポジウム 開催のご案内. 会期・会場. 会 期. 2018年11月14日(水)~11月16日(金). 会 場. 堺市産業振興センター. 〒591-8025 堺市 北区 長曽根町 183番地5. (大阪メトロ御堂筋線 なかもず駅 8番出口. ・南海高野線 中百舌鳥駅 北出口より 徒歩5分)
  3. 第56回燃焼シンポジウムの一般講演の受付を,シンポジウムのウェブサイトにて開始いたしました. 皆様のお申込みをお願い申し上げます.なお,受付期限 7月18日(水)と設定しております. 期限まであまり時間がございませんが,ご理解
  4. [:ja] 酸素吹きガス化に及ぼす炭種の影響,加藤優季,神原信志, 早川幸男, 第57回燃焼シンポジウム講演論文集, P111, 札幌 (2019).[PDF] 炭種の影響を考慮した微粉炭燃焼NOx生成・消滅のメカニズムの検討,石川和成,神原信志, 早川.
  5. 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 2018年11月 放射光による超高速X線CTを適用した固体内部構造の変化の可視化 村井晃大, 大徳忠史, 鶴田俊, 大上 泰寛, 平林 玄太
  6. 高山亮太 , 小松祐也 , 長澤剛 , 佐藤進 , 小酒英範 . エタノール水溶液の排気ポート噴射によるディーゼル機関の燃焼改善に関する研究 , 第56回燃焼シンポジウム講演論文集, 第56回燃焼シンポジウム講演論文集, A111, Nov. 2018. 佐藤 進 , Pop-Paul Ewphun , 長澤 剛 , 小.

大八木 重治, 小原 哲郎, 吉橋 照夫, パルスデトネーションエンジンにおけるデトネーション誘導過程, 第50回燃焼シンポジウム講演論文集, pp.294-295, 2012.12 (2012.12.6, 口頭発表@産業労働センター ウィンクあいち 「第 59 回燃焼シンポジウム 」 (1)開催日 : 2021年11 月22日(月)~11月24日(水) (2)開催場所: Microsoft TEAMS および REMO によるオンライン開催 (3)主 催 : (一社)日本燃 第56回飛行機シンポジウム講演集(2018.11.14-16) 2019.7.29 掲載 第55回飛行機シンポジウム講演集(2017.11.20-22) 2018.6.13 掲載 第54回飛行機シンポジウム講演集(2016.10.24-26) 2017.8.23 掲載 第53回飛行機シンポジウム講 第56回燃焼シンポジウム,講演論文集(電子データ):B122 201811 家永 翔伍, 平原 佳祐, 秋元 皓志, 前田 慎市, 小原 哲郎 RDEを用いたガスタービンエンジン開発に向けての研究 第56回燃焼シンポジウム,講演論文集(電子データ. 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 Volume: 1 Data Source KAKENHI-PROJECT-17H01247 [Journal Article] Effects of Wall Heat Loss on Near Wall Flame Behaviors in a Confined Turbulent 2017 Yenerdag Basmil, Nada Yuzuru.

第56回燃焼シンポジウ

第57回日本伝熱シンポジウム講演論文集 2020年6月4日 バイオチャーのガス化モデリング 奥村 幸彦, 松浦 直輝 第56回燃焼シンポジウム 2019年11月. 小型バイナリーサイクルのための斜め波状壁プレート熱交換器における沸騰熱伝達特性, 第56回伝熱シンポジウム講演論文集,徳島,2019年5月29日-31日,C322,1pp. An Zhao, Yong Fan, Kenichi Morimoto, and Yuji Suzuki 【著作】檜垣 優 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 USB-memory (A223) ひかくかぞくしがっかいだい かいけんきゅうたいかい 【著作】比較家族史学会第36回研究大会(比較家族史学会) ひかくぶんがく 【著作】比較文学(日本比 燃焼シンポジウム講演論文集 56th ROMBUNNO.P121 2018年11月14日 PLAを燃料とした教材用小型ハイブリッド・ロケットの開発に関する基礎研究 時川凌一, 中原真也, 栗田明秀, 阿部文明, 石原 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 2018年11月 ガス爆発における燃焼ガスと未燃ガスの噴出挙動 神代圭介, 鶴田俊, 大徳忠史 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 2018年11月 斜面に沿って置かれた薄い可燃性固体下部の流れ場

第56回燃焼シンポジウム講演論文集 巻: 1 データソース KAKENHI-PROJECT-17H01247 第49回燃焼シンポジウム講演論文集 ページ: 230-231 データソース KAKENHI-PROJECT-23226005 [雑誌論文] Dynamics of Large - and Small. 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 Volume: 1 Data Source KAKENHI-PROJECT-17H01247 [Journal Article] Scale locality of the energy cascade using real space quantities 2018 Author(s) Doan N Journal Title Physical Review : 3. 同軸インジェクタを偏心配置した円筒燃焼器内で発生する高周波燃焼振動の非線形ダイナミックス [ 全著者名 ] 橋本 達也, 後藤田 浩, 大道 勇哉, 松山 新吾 [ 掲載誌名 ] 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 [ 掲載年月 ] 2018年 11

一般社団法人 日本燃焼学

第55回燃焼シンポジウムは2017年11月13日~15日,富山市 富山国際会議で開催され、盛会のうちに終了いたしました.. ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます.. 講演論文集 (冊子、USB)購入をご希望の方は 日本燃焼学会 に直接お問い合わせください.. 冊子. 第56回燃焼シンポジウム講演論文集(日本燃焼学会主催) データソース KAKENHI-PROJECT-26420163 [学会発表] Fe 触媒担持下におけるチャーのガス化機構. 石崎恒平、桜井毅司、湯浅三郎、「UMGT用極超小型プロパン燃焼器の排ガス特性に及ぼす高負荷燃焼の影響とその対策」、第50回燃焼シンポジウム講演論文集、pp.568-569, 2012

(第56回燃焼シンポジウム講演論文集 2018) The control of microcystin content in raw water intake by using the intracellular dynamics of blue green-algae (The 18th international conference on harmful algae, 21 th-26 th October, Nantes, France 2018 【著作】本庄 博人 第56回燃焼シンポジウム講演論文集, USB-memory (P211) ほんじょう まこと 【著作】本城 誠(ITC/CSCC2001) ぽんすー ぷらしっと 【著作】Phonsue Prasit 第6回知能メカトロニクスワークショップ([社団法人 精

国内学会 学会・論文 Kambara Laborator

第50回日本伝熱シンポジウム 講演論文集 Vol Ⅱ+Ⅲ 会議・会議録名2: 50th National Heat Transfer Symposium of Japan 2013, Sendai 共催者等: 主催 公益社団法人日本伝熱学会 会議開催地: 宮城; 仙台市 会議開催年月: 2013年5 第56回実函数論・函数解析学 合同シンポジウム 講演集 期日:2017年8月21日(月) { 8月23日(水) 会場:お茶の水女子大学 まえがき 本講演集は2017 年8 月21 日(月) から8 月23 日(水) までの3 日間 にわたり, お茶の水女子大学で開催される. 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 Volume: 1 Related Report 2018 Annual Research Report [Journal Article] メタン/水素/ 空気旋回乱流予混合火炎構造に対する水素添加率及び乱流の影響. 第56回燃焼シンポジウム (堺市産業振興センター) 2018 7/18 2018 9/19 住所 大阪府 堺市 中区 学園町1-1 大阪府立大学 工学研究科 機械工学分野 内 Phone 072-254-9222 (動力工学研究室) Email sympo56@combustionsociety.j

【著作】曹 盛力 燃焼CAEコンソーシアム 【著作】曹 盛力 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 【著作】Cao Shengli1 【著作】Shengli Cao ソウ リツ 【著作】蘇 立([社団法人 土木學會]) 【著作】蘇 立([社団法人 土木學會] 【著作】辻本 一真 第56回日本伝熱シンポジウム講演予稿集 【著作】辻本 一真 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 【著作】辻本 一真 第6回先端計測技術の応用展開に関するシンポジウム講演論文集 【著作】Kazuma Tsujimoto. 八島正明(2019) 粉じん雲中を対向伝ぱする火炎の挙動. 第57回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. P214-1 - P214-2. 90) 八島正明(2019) 水酸化マグネシウムを添加したマグネシウム粉体層に沿った燃え拡がり. 火薬学会2019年度春季研 第56回伝熱シンポジウム講演論文集,徳島,2019年5月29日-31日,B214,1pp. 李敏赫,范勇,鈴木雄二, 壁により安定化された定常冷炎を用いた低温酸化反応モデルの評価, 第56回燃焼シンポジウム,大阪,2018年11月14日-1 壁面衝突する噴霧火炎と非燃焼燃料蒸発噴霧の局所熱伝達に及ぼす雰囲気条件と燃料噴射条件の影響, 日本機械学会論文集, Vol. 86, No. 892, Dec. 2020. Dittapoom Shinabuth, Tsuyoshi Nagasawa

遠方場及び近接場ふく射輸送の基礎と将来研究, 第56回日本伝熱シンポジウム, 第56回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 公益社団法人 日本伝熱学会, May. 2019. [106] 花村克悟. 分子・原子およびナノスケール熱制御を主役としたデバイス. 第56回燃焼シンポジウム講演会論文集, 大阪, 2018年11月14日-16日, D125. 權 兌鎭, 李 敏赫, 森本 賢一, 鈴木 雄二, 比誘電率の温度依存性を用いた無線式フレキシブル温度センサの開発, 第56回燃焼シンポジウム講演会論文集, 大 燃焼シンポジウム講演論文集(CD-ROM). 2020. 58th 原一喜, 山口拓海, 小林芳成, 高橋周平. 中赤外ふく射2色法による既燃ガスの高時間分解温度分布測定. 燃焼シンポジウム講演論文集(CD-ROM). 2020. 58th 木村通成, 小林芳成, 高 第58回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (2021-5) 水素-空気予混合気の球状火炎伝播に及ぼす不活性ガスの影響 Effects of several inert gases on spherical flame propagation of hydrogen-air mixtures 学生 *矢澤 慎也, 中川 燎. 第41回燃焼シンポジウム講演論文集,つくば,2003年12月, pp. 195-196. 厳 子翔,笠木 伸英,鈴木 雄二,那須 裕喜, マイクロチューブ内の強制対流沸騰熱伝達と圧力損失特性, 第39回日本伝熱シンポジウム, 札幌, (2002), pp. 49

大徳 忠史 (Tadafumi Daitoku) - 講演・口頭発表等 - researchma

第56回日本伝熱シンポジウム講演論文集 Volume: 1 Related Report 2018 Annual Research Report 第54回燃焼シンポジウム講演論文集 Volume: 1 Related Report 2016 Annual Research Report 旋回乱流予混合火炎における変動. 第57回燃焼シンポジウム講演論文集 巻: 1 関連する報告書 2019 実施状況報告書 第56回日本伝熱シンポジウム講演論文集 巻: 1 関連する報告書 2019 実施状況報告書 [雑誌論文] 振動燃焼遷移過程における旋回乱流希薄予混合火炎. 第50回燃焼シンポジウム講演論文,p.122(2012,12) 23 燃焼による微粒子球状化技術の研究 第7回マイクロフレーム研究会,(2013,3) 24 舶用ディーゼルでの吸気条件における 燃焼・排ガス特性 神戸市立高専紀要集,51号, p.19-24(2013,3). 講演論文集 発表形式 優秀プレゼン 展示・広告 会場案内 宿泊情報 交通アクセス 共催・協賛・後援 伝熱学会会員でない場合は、日本伝熱シンポジウム開催前までに入会手続きを行って下さい。 指導者氏名 (優秀.

佐藤進 2018年 研究業績一覧 T2r2 東京工業大学リサーチ

⑧ 湯浅三郎、下鳥翔子、本田 拓、桜井毅司:UMGT用微小燃焼器内での高負荷燃焼に対する一考察、第45回燃焼シンポジウム講演論文集、pp.108-109、 2007.12 水野 諭; 井田 民男; 渕端 学; 難波 邦彦. 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2013年09月. Fossil fuel, like oil, coal, natural gas and so on, has sustained our local infrastructure on the side of Energy. However, the fossil fuel has various problems at the point of the quantity of resources and environmental burden TEL:0766-56-7500(内線943) E-mail:-oshima@putoyama.ac.jp ―講演論文担当 務局― (微粒化シンポジウム) 〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5 芝浦工業大学工学部 機械機能工学科 燃焼工学研究室 「第28回微粒 守富 寛,鈴木善三,池田道隆.化石燃料およびバイオマス燃焼からのN2O生成, 第29回燃焼シンポジウム講演論文集;1991:pp.292-294. 鈴木善三,守富 寛,城戸伸夫.石炭の循環流動層燃焼におけるN2Oの生成メカニズムとその抑制法の検討.日本機械学会環境工学総合シンポジウム講演論文集;1991.

論文の検索方法 バックナンバーの購入 投稿募集 Application for paper contribution 広告募集 出版物アーカイブ 大会 講演要旨集 石炭科学会議 発表論文集 バイオマス科学会議 発表論文集 講演会・シンポジウムの紹介 講習会 単行 八島正明(2017) 金属粉じんの空気中の保管による経年変化と燃焼性の関係. 第55回燃焼シンポジウム講演論文集, pp. 170-171. 141) 崔光石, 加藤智規, 金佑勁(2017) アミノ酸系粉体の静電気特性. 第50回安全工学研究発表会, pp. 21-24 スモルダリング燃焼の不安定性に与える無次元パラメータの影響, 久永虎司, 櫛田玄一郎, 桑名一徳(山形大学), 日本燃焼学会第53回燃焼シンポジウム講演論文集,pp.70-71, , 2015年11月

王青躍 、小林佳祐、佐山浩輝、齋藤友也、中島大介、関口和彦、花粉飛散期における大気浮遊粒子状物質中の毒性多環芳香族化学種の調査, 日本花粉学会 第56回大会 (平成27年10月2日 (金)~4日 (日)), 滋賀県立琵琶湖博物館, 国内学会 (口頭発表), 要旨集, B-08, p. マイクロ熱工学領域のウェブサイトをリニューアルいたしました. 2021年6月. 第58回日本伝熱シンポジウム (オンライン)にて下記の講演を行いました.. ナノ粒子を含む液体のエネルギー輸送機構に関する分子動力学的研究,芝原正彦, 山本幸宏, 藤原邦夫. 第1号議案 第58期事業報告 Ⅰ.事業の状況 Ⅰ-1 研究会,学術講演会等の開催(定款 5 条 1 号) (1) 第 56 回日本伝熱シンポジウム(日本機械学会他 26 学協会共催・協賛) 日 時:2019 年 5 月 29 日(水)~31 日(金) 会 場. No.17-56. 第20回スターリングサイクルシンポジウム. 【協賛(予定)】. 自動車技術会,日本太陽エネルギー学会,低温工学・超電導学会,日本設計工学会,日本マリンエンジニアリング学会,日本冷凍空調学会,日本燃焼学会,日本熱物性学会,日本伝熱学会.

埼大 熱工研 論文・学会発表 - Saitama

【学会名】 第56回燃焼シンポジウム講演論文集 【開催地】 大阪 【発表年月日】 2018年11月15日 Velocity Measurement of Gasoline Spray Near a Nozzle Exit by Using Ultra-High Speed PIV. 燃焼シンポジウム講演論文集 = Proceedings of the Japanese Symposium on Combustion 資料種別: 図書 責任表示: 日本燃焼学会 言語: 日本語 出版情報: [出版地不明] : [日本燃焼学会], 1993-形態: 冊 ; 26cm 著者名: 日本燃焼学 第56回日本伝熱シンポジウム講演論文集,D323,2019 論文等 単原子スケール界面熱輸送場の分子動力学解析 藤原邦夫,芝原正彦 日本流体力学会年会2019講演論文集,173,2019 前 6/10ページ 次 >> 九州大学情報統括本部.

(一社)日本燃焼学会「第 59 回燃焼シンポジウム」(2021

Web講演集-index

破壊力学シンポジウム講演論文集 資料種別: 図書 責任表示: 日本材料学会 言語: 日本語 出版情報: [東京] : [日本材料学会], [1981] 形態: 196p ; 26cm 著者名: 日本材料学会 書誌ID: NB00780898 ISBN: (第1回 [107] Katsunori Hanamura. 遠方場及び近接場ふく射輸送の基礎と将来研究, 第56回日本伝熱シンポジウム, 第56回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 公益社団法人 日本伝熱学会, May. 2019.(in Japanese) [106] Katsunori Hanamur

Video: 前田 慎市 理工学研究科 人間支援・生産科学部門 | 埼玉大学

第56回日本伝熱シンポジウム 講演論文集, 徳島, 5月29日-31日 (2019) 八幡 直哉, 松原 幸治, 静止空気中の流体噴霧シミュレーション, 日本機械学会 北陸信越支部第56期総会・講演会 講演論文集, 富山, 3月2日 (2019), E033 doi 加藤義隆,組み立ての微調整を排する低温度差スターリングエンジンの設計,第20回スターリングサイクルシンポジウム講演論文集No.17-56,一般社団法人日本機械学会,(2017年11月25日 明星大学日野校28号館(東京)),pp.7 第34回日本伝熱シンポジウム講演論文集, D151 207-208 1997.05 Research paper (research society, symposium materials, etc.), Joint Work, Except for reviews 抵抗低減流れにおける成層の存在と熱伝達特 村上賢治,加藤貴宏,菅原勝康:固体炭素燃料の燃焼速度解析,粉体工学会第 48 回夏期シンポジウム講演論文集 ( 京都 ),p.27 (2012) 加藤貴宏,菅原勝康:塩化揮発による使用済み研磨剤からのセリウムの分離回収,化学工学会第 77 年会 ( 東京 ),p.645 (2012

燃焼に関する講演・発表が主体となる学術会議としては,第58回日本燃焼シンポジウムが2020年12月2日~4日に松山で開催予定であったものを同日のオンライン開催に変更,38th International Symposium on Combustion(第38回国 (講演論文集含)会員6,500円,会員外10,000円 (講演論文集無し)学生員無料,一般学生1,000円 協賛団体会員も本会会員と同等扱いとさせていただきます. 事前の参加申し込みは不要です. 参加登録費は当日会場にてお支払 第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集 (日本 東京) 2007年05月 - 2007年05月 CNT電磁駆動特性の解析 第56回理論応用力学講演会講演論文集 (日本 東京) 2007年03月 - 2007年03月 連成並列有限要素解析に. 燃焼生成微粒子を混合した液体の熱物性に関する研究(メカボケーション学生研究発表セッション),上田 健太,三嶋 泰広,植木 祥高,柴原 正彦,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 398-39

KAKEN — Researchers Shimura Masayasu (30581673

第28回ファジィシステムシンポジウム, 日本知能情報ファジィ学会, 講演論文集, pp.11-16. 49) 大幢勝利, 北條哲男(2012) 死傷災害データベースに基づく建設業の墜落災害要因の傾向分析, 安全工学シンポジウム2012, pp.102-105 化学工学会エネルギー部会シンポジウム講演論文集, 4(1), 53-56 2005. 2004 T Nozaki, A Hattori, K Okazaki Partial oxidation of methane using a microscale non-equilibrium plasma reactor Catalysis Today, 98, 607-616, 2004

Kaken — 研究者をさがす 志村 祐康 (30581673

第34回燃焼シンポジウム講演論文集 寄与者 燃焼シンポジウム(第34回 : 1996 :広島), 日本燃焼学会 発行 1996 ページ数 701 ページ 引用のエクスポート BiBTeX EndNote RefMa 5月 第56回日本伝熱シンポジウム(徳島)にて下記の講演を行いました. ナノ粒子が液体のエネルギー輸送機構に与える影響に関する分子動力学的研究,大茂昌史, 藤原邦夫, 植木祥高, 小原拓,芝原正 石田幸也,田中啓介,清水憲一,村瀬優太,電着ニッケル薄膜のき裂開閉口計測に基づく疲労き裂進展特性の評価,日本材料学会主催 第18回破壊力学シンポジウム講演論文集,pp.251-255 (於熊本,くまもと県民交流館 [国内会議講演論文、雑誌等] ・米沢平成、梶原逸朗、西留千晶、波多野崇、坂田将人、平松繁喜、物理機能モデルを活用した非線形システムの状態量推定、第62回自動制御連合講演会講演論文集,2019年11月8-10日、No. 1F4-04 第51回燃焼シンポジウム ( 大田区産業プラザPio, 東京 ) 口頭(一般) 2013年12月 【発表要旨集】 第51回燃焼シンポジウム講演論文集 324 - 325 2013年12月 天然ガス各成分の着火特性に関する化学反応論的解析 桑原一成,多田.

大徳 忠史 (Tadafumi Daitoku) - マイポータル - researchma

第20回スターリングサイクルシンポジウム | 一般社団法人 日本機械学会. 【開催日】2017年11月25日(土). 【企画】エンジンシステム部門. 【協賛】自動車技術会,日本太陽エネルギー学会,低温工学・超電導学会,日本設計工学会,日本マリン. 第45回燃焼シンポジウム講演論 文集,仙台,12月 pp.240-241, (2007) 小山勇気,野村浩司,氏家康成,山崎博司 超臨界水による燃料の連続改質と 改 質燃料の拡散燃焼実験 第45回燃焼シンポジウム講演論 文集,仙台,12月 pp.278-279 《下水道協会誌論文集 vol.56 No.685 令和元年11月》 水工技術本部 中根 進 時系列水温データの成分分解による雨天時浸入水の影響評価手法 《2019年第56 回下水道研究発表会N-7-1-6》 事業推進室 水工技術本部 堀田 孝行 中根 遠藤倫子,神原信志,隈部和弘,守富寛.微粉炭燃焼で生成するフライアッシュ組成の特性化.日本燃焼学会第48回燃焼シンポジウム講演論文集.福岡;2010:pp.398-399

神原 信志 (Shinji Kambara) - マイポータル - researchma

[54] 山田大円, 岡本達幸, 高城敏美: 多重散乱効果が光学粒径分布計測に及ぼす影響の電磁方程式直接解法による検討, 第41 回燃焼シンポジウム講演論文集,pp.451-452, Dec. 2003 第32回ジオシンセティックスシンポジウム, ジオシンセティックス論文集, 32, 81-88 管理型最終処分場における半金属の溶出特性 田中宏和, 中村大充, 大家清紀 , 石垣智基, 遠藤和人, 山田正人, 香村一夫 (2017) 管理型最終処分場における半金属の溶出特性 大澤敦(2013) ブラシ -沿面放電モードの遷移-予備実験, 第37回静電気学会全国大会, 講演論文集2013, pp.19-20. 90) 崔光石(2013) Experimental study on the relationship between the charge amount of polypropylene granules and electrostatic discharges while silo loading, 第37回静電気学会全国大会, 講演論文集2013, pp.25-28 中島良文,足立貞雅,山崎由大,金子成彦,フレイムレス燃焼特性解析に基づく低カロリーガス燃料対応燃焼器の設計法に関する研究,第11回動力エネルギー技術シンポジウム講演論文集,pp.247-252,(2006

研究業績 : 講演・口頭発

熱工学コンファレンス2006講演論文集 No.06-2 pp153-154 (2006.11) 山﨑博司,小幡義彦, 氏家康成 乳化燃料の液滴燃焼過程における液滴内沸騰特性 第44回燃焼シンポジウム講演論文集 pp442-443 (2006.12) 山﨑博 発表論文数: 5件(第42回日本伝熱シンポジウム講演論文集に収録) 内 容:「 相変化を伴う伝熱における固液接触の問題について考える」と題して,基調講演1 件を含む沸騰伝熱に関する講演5件とパネルディスカッションを行った 1) 佐賀井武, 佐藤正之, 杉山幸男: 「液体微粒化における機構の遷移について」, 化学工学協会第 2 回秋季大会, B-305 (1968, 名古屋) 2) 清水賢資, 本田中元, 佐藤正之, 佐賀井武: 「粒度分布自動測定法の一提案」, 第 1 回液体の微粒化に関する講演会, No. 2 (1972, 東京 第1号議案 第59期(2020年度)事業報告 Ⅰ.事業の状況 Ⅰ-1 研究会,学術講演会等の開催(定款 5 条 1 号) (1) 第 57 回日本伝熱シンポジウム(日本機械学会他 26 学協会共催・協賛) 日 時:2020 年 6 月 3 日(水)~5 日(金 山中孝之,泉政明,兼子祐司,草野健太,後藤雄治,Magneto-Impedanceセンサによる固体高分子形燃料電池内部の電流分布計測法の検証,日本機械学会第13回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集,pp.257-258,2008年